規 約

定額ホームページ コスパ をご利用頂く上で、お守り頂く規約です。


ご利用される前に必ずご覧ください。
当社へご依頼を行う事は、下記の利用規約を許諾しているものとみなします。 また、ご契約の際、別途書面にて業務契約書を取り交わすものと致します。

定額ホームページ コスパ 利用規約

定額ホームページ コスパ 運営会社の株式会社マスタープラン(以下「乙」と称す)は、本規約に基づき契約(以下その契約を「本契約」、及び当社と本契約を締結した法人、または個人を「甲」と称す)を締結の上、「ホームページ制作代行およびその他付随業務」(以下「本サービス」と称す)を提供するものとする。

第1条 (サービスの利用・提供 )
<1>甲は、本サービスの利用規約に従ってサービスを利用することができます。
乙は、甲が指定する内容で制作したホームページ(以下物件(※1)という)を著作権を保持したうえ甲に賃貸し、甲は、これを自己の営業のために借り受けます。 ホームページ最下部等にコピーライトの記述があり、甲の意匠と表記する場合があるが、ホームページ運用上の便宜を図るための処置であり、上記の通り著作権は乙に帰属するものとする。
<2>甲と乙との「本契約」は、乙所定の手続き後、本契約の承諾となる行為を行った時点に成立します。
<3>乙は、事前の通知無しに甲に提供するサービス内容を自由に追加・変更・停止することができるものとし、甲はこれを承諾するものとします。
(※1)本サービスに含まれるドメイン、メールアカウントも物件に含まれ、乙の所有するものとする。但し、本サービスの継続期間中に乙が使用することは、甲が第15条等の禁止行為に抵触しない限り行わないものとする。

第2条(契約期間) 本サービスの契約期間は引渡日より起算し、スタンダード・CMS・ライト・お手軽プランは2年間、 ロングプランは5年間とします。また、その後の更新は1年毎の自動更新とします。

第3条(契約期間の更新) 本サービス契約期間の更新(延長)は自動更新とし、契約の解除を申し出る場合契約最終月の一ヶ月前までに甲が乙に申し出るものとする。

第4条(利用代金の支払い)
<1> 利用代金の支払い方法は、本契約時に下記とします。
1.甲は、表記利用代金の初回分費用を乙の指定する銀行口座へ振込み、乙に支払います。この際振込手数料は甲が負担します。
2.乙は、2回目以降の利用代金を甲の指定する銀行口座より引き落とします。この際手数料は乙が負担します。
3. お手軽プランの場合、費用は一括で銀行振り込みとします。この際振込手数料は甲が負担します。
<2> スタンダード・CMS・ライト・ロングコースの場合、乙は毎月月末まで利用代金入金を確認することで翌月のホームページ運営管理を継続します。月末の時点で入金が確認できない場合は乙の判断でホームページを一時閉鎖します。
<3> 甲から乙に支払われた本サービスに関する一切の料金等は、原則としていかなる場合でも返還しないものとします。

第5条(物件の制作、引渡し)
<1> 乙は、甲が指定する内容で物件を制作します。
<2> 乙の物件は、乙が管理するインターネットサーバーにデータをアップロードされるものとし、その後、乙は<3>の引渡し完了時までは善良な管理者の注意をもってデータを保管します。
<3> 甲は、アップロードされた物件について、直ちに検査を行い、瑕疵の無いことを確認のうえ、乙に対し通達します。なお、これをもって物件の引渡しが完了したものとします。
<4> 乙は、甲が正当な理由無く<3>の検査、通達を遅延させた場合、本契約を解除できるとともに、甲に対し損害賠償を請求できます。

第6条(物件の瑕疵等)
<1> 甲は、第5条により物件の不完全・不適合、その他に関して瑕疵を発見した場合、直ちに、乙に通知します。なお、甲がこの通知を怠った場合は、理由のいかんにかかわらず、物件の瑕疵を主張できないものとします。
<2> 甲は、次のいずれの場合についても乙が何らかの責任を負わないことを、あらかじめ承諾します。
1.第5条<3>により物件に瑕疵が発見された場合
2.物件に隠れた瑕疵があった場合
3.物件が第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、商標権、著作権等)を侵害した場合
4.乙の責に帰さない事由によって物件の引渡しが遅延した場合、または引渡しが不能になった場合

第7条(物件の使用)
<1> 甲は、第5条の引渡し完了から、物件を本来の用法に従い、自己の営業のために使用します。また、乙は、常に物件が正常に使用できる状態を保持できるよう保守、点検、整備します。
<2> 甲は、物件の品質、ソフトウェア、アフターサービス等に問題が発生した場合、乙との間でその問題を解決するものとします。
<3> 乙は、物件が損傷した場合、これを修理します。 但し、CMSプラン利用者が物件の更新作業を行った際の損傷への責は負わないこととします。
<4> 甲は、<2>または<3>の場合においても、本契約に基づく債務を約定どおり履行します。
<5> 甲は、乙が、物件の現状、使用状況について、点検または調査を申し出た場合、いつでもこれに応じます。その際サイトの一時停止が生じても了承します。

第8条(物件の所有権表示) 乙は、物件の所定の場所に乙所有の物件である旨を明示するバナー(又はテキスト)の表示が出来ます。また、甲はこれらを乙から依頼された場合これに応じるものとします。

第9条(サービスの解約)
<1> 甲は本契約成立後、契約期間満了までの間、本契約を解除できないものとします。やむをえない理由で中途解約する場合は、物件プランに応じた乙が提示する金額を支払うものとします(主に契約期間内残金一括支払い)。
<2>乙は解約後、甲の情報や甲が保有する情報等について、一切関与しないものとします。

第10条(損害賠償等)
<1> 甲が本サービスを使用して製作したデータ等については、あらゆる法的責任・損害賠償および訴訟費用について甲自身が全責任を有するものとします。
<2>乙は甲に対し、本サービスの利用により発生した一切の損害について、原則としていかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。
<3>万一乙の故意または重過失が理由で甲に損害が発生した場合は、甲が乙に支払ったサービス利用料金をその賠償額の上限とします。
<4>甲が本規約に反した行為、または不正・違法な行為によって乙に損害を与えた場合、乙は甲に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第11条(免責事項)
<1>乙は、本サービスの内容および甲が本サービスを利用して得た情報等について、その安全性等はいかなる保証も行わないものとします。
<2>システムやサーバのダウン、通信回線等の不具合、その他第15条で定める原因で発生した、ファイル破損やデータ損失等の会員への損害につきましては、乙は一切の責任を負わないものとします。

第12条(禁止事項) 甲は以下に定める禁止事項を本サービスにおいて行うことはできません。また、甲が以下に定める禁止事項を行った場合、乙は甲への事前通知を行うことなく各種サービスの利用停止・契約解除・損害賠償の請求等必要な措置をとることができるものとします。
1.本サービスの利用において、乙へ虚偽の情報を提供した場合
2.本サービスの利用において発生する料金の未払い・支払いの遅延等があった場合
3.第三者または乙の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、工業所有権等)及びその他の権利を侵害する行為また侵害するおそれのある行為
4.第三者または乙の財産、信用、プライバシーを侵害する行為または侵害するおそれのある行為
5.法令に違反する行為や犯罪的行為、若しくはそのおそれのある行為やそれを幇助する行為
6.第三者に不快感・迷惑・不利益を与えるなどの行為
7.悪質なプログラムやスクリプトを本サービスを通じて使用する若しくは提供する行為
8.IPアドレス、アカウント、パスワード、メールアドレス、及びドメイン名等を不正に使用する行為
9.サーバや当方のコンピュータに不正にアクセスする行為
10.本サービスや乙が提供する他サービスの運営を妨げる行為、または乙の信用・名誉等を毀損する行為
11.アダルトサイト・ネットワークビジネス・ワンクリック詐欺サイトの運営及びそれらを促す行為
12.その他乙が不適切であると判断する行為

第13条(物件の所有権侵害行為の禁止等) 甲は、物件を第三者に譲渡したり、基づく担保に供する等物件の所有権を侵害する行為はできないものとします。また、甲は、乙の承諾を得なければ、次の行為はできないものとします。
1.物件を他のホームページにリンクしたり他のホームページ内に表示させること。
2.物件を改造、加工する等その原状を変更すること。
3.物件を第三者に転貸したり、本契約に基づく甲の権利または地位を第三者に譲渡すること。
4.物件を乙指定のサーバからコピー、移動すること。

第14条(ソフトウエア・コンテンツの複製禁止等) 甲は本物件データをコピー、ダウンロードして、他のいかなるサーバへアップロードできないものとします。

第15条(サービスの停止・中止)
<1> 乙は甲への事前の通知を行わずに本サービスの内容の変更または停止もしくは中止をすることがあります。この場合、乙が合理的と判断する手段を通じて発表するものとします。
<2> 乙は下記に該当する場合には、甲に事前に通知することなく本サービスを中断または中止する場合があります。また甲は以下の事由により本サービスの提供の遅延または中断・中止が発生したとしても、これに起因する甲または第三者へ発生した損害について一切の責任を負わないものとします。
1.サーバやシステムの保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合
2.ハードウェアやデータの破損などにより本サービスの提供ができなくなった場合
3.火災、地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
4.戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合
5.法令による規制、司法命令等が適用された場合
6.その他運用上・技術上の利用で乙が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第16条(個人情報等の保護及び法令遵守)
<1>乙は、甲から得た個人情報等を原則として甲本人以外の者に開示・提供せず、本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用いたしません。
<2>乙は、法律・法令の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該法律・法令及び令状に定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。
<3>乙は、警察官、検察官、検察事務官、国税職員、麻薬取締官、弁護士会、裁判所等の法律上照会権限を有する者から照会を受けた場合、緊急避難または正当防衛に該当すると乙が判断する場合は、法律・法令に基づき必要と認められる範囲内で個人情報等の照会に応じることができます。
<4>乙は、サーバの不具合やその他のトラブル等に対処するため、甲が保有する情報(サーバ内ディレクトリのデータ)を複写することができるものとします。

第17条(物件の買取)
乙は、第2条に定める契約期間完了時に、物件プランに応じた乙が提示する金額の支払をもって本物件のデータを買い取ることができるものとします。

第18条(雑則)
<1>本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。
<2>本登録規約の解釈を巡って疑義が生じた場合、乙は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。 <3>本サービス、規約に関するすべての紛争については、乙本社所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

付則: 規約の開始:2008年6月1日。
改訂:2010年4月8日
改訂:一部サービス内容変更に伴う改訂(2010/04/13)
改訂:一部サービス内容変更に伴う改訂(2011/11/25)
改訂:一部サービス内容変更に伴う改訂(2014/10/25)